月虹茶房の本棚

興味を惹いた本などの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おんなのこ物語@森脇真未味

森脇真未味さんの「おんなのこ物語」を再読中。

題名とは違い(笑)、登場人物はほとんど男のバンドストーリー。
とは言うものの「(作者が)心の動きや軋轢に興味があった」と書いているように、いわゆるバンドモノとは一味違う。

八角をバンドに誘う小川が元バンドについて言う。
「(そのバンドのファンは)こっちがサイテーの音を出そうが サイコーの音でやろうが反応は同じ 聴いちゃいない さわぐために きてるのさ スターであればいい
(メンバーだって)“ウケ”しかねらってないのに そうでないフリ」
だからそういう人間じゃない八角と一緒にバンドをやりたいのだと。

変わってないね~、今も昔も。だからこそ面白く、1981~83年の作品だけど古臭くなく、人間の普遍的な部分を描いているから再読しても十分楽しめる。

今少し気になっているのは、この作品の舞台は関西なのですが、ほとんど標準語なので関西弁(って色々あるのでしょうけど)変換して読むと違ったイメージになるな~と。(←褒め言葉)

翻訳版(笑)を読んでみたい!
関西人の友人や親戚はいるけどねぇ、いちいちそんなこと頼めないし(笑)


おんなのこ物語(ストーリー) (1) (Chuko★comics)
スポンサーサイト

manga | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<木皿泉、特集号 | ホーム | しゃべるねこ、しおちゃん>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。