月虹茶房の本棚

興味を惹いた本などの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

エレカシ「悲しみの果て」@FNS0327

27日に生放送されたFNS音楽特別番組「上を向いて歩こう」にエレカシが出演する記事を、先日書きましたが、その時の演奏がたくさんの人の心に届いたようです。

エレカシ登場直後の緊急地震速報。
緊迫感の中、それをバックに宮本さんが希望の唄という「悲しみの果て」が始まった。
祈り、希望、細胞にまで伝わってくる想い・響き。
思わず正座して聴いた。

そして、番組の最後の出演者総出演の大合唱には違和感を感じた。
暗くあれ!とか自粛したら?ということではない。
彼らのそれ以前のパフォーマンスの立ち位置と違いすぎませんか?という感覚。
もちろん、人それぞれの表現方法が違っていてもイイのだけれど。

それを冷静に見つめていた時、いつもはこういう場に出ないエレカシが参加していることを発見し、彼らのこの番組出演への真剣さを感じ、また宮本さんの佇まいにひどく心打たれました。
そういう感性だからこそ、生み出されている楽曲の数々。
だからエレカシに惹かれるんだな~と実感しました。

エレカシ、本当に出演してくれてありがとう。


さて、この時の「悲しみの果て」はすぐにYou Tubeにあげられました。
削除されるのは時間の問題かと思いますが、ひとりでも多くの方に聴いていただきたいのでご紹介します。

29日のYou Tube[すべてのカテゴリ]チャートで2位。
現在の視聴カウント20万超。


■この番組制作スタッフのブログより

「YouTubeにUPされた「悲しみの果て」
現時点で14万再生…。
みんなの心に届いてくれたのかなあ。
あのとき、本番直前の宮本さんときくちPの無言の会話。
あの時点で、自分は泣きそうだったのです。
そして、気持ちに応えてくれたエレカシ…。
あの現場にいられて、自分は最高に幸せでした。
画面からも伝わりましたか…?(3/30音組スタッフブログ)」

「エレカシ宮本さんのMCで
緊急地震速報が入ってあんまり聞こえなかった。
という、メールが何通かありました。
「Everybody 俺たちの希望の唄だと思っています。
 聞いて下さい。悲しみの果て」
と言っていました。(3/29音組スタッフブログ)」

「帰り際に、スガ シカオさんが言ってました。
「うたうことよりも前に、先ずこの場に来る覚悟を問われる」
そう。
スガさんの言葉、宮本さんの言葉、
喜納さんの言葉、ユーミンの言葉、
この場に来て語るという責任を負って、
参加アーティストみんなの
どの言葉もどの言葉も響きました。(3/27きくちPブログ)」


FNS音楽特別番組 エレファントカシマシ 「悲しみの果て」



スポンサーサイト
ELEPHANT KASHIMASHI | コメント:1 | トラックバック:0 |

FNS音楽特別番組にエレカシ出演

こういう時に何を言ったらいいのか躊躇してしまう。
思うこと、感じることはたくさんたくさんあるのだけれど。

地震後、首都圏…というか少なくとも会社の人々は疲れてる。
間引き運転による猛ラッシュ、自宅が断水している人もいるし、
会社は節電の為に空調無しで室温は低く手がかじかんでくる。
だけど文句を言う人はいなくて、粛々と仕事をしている。

ヨレヨレになって迎えたこの週末、
明日27日に「FNS音楽特別番組
上を向いて歩こう~うたでひとつになろう日本~」 が生放送されます。

担当プロデューサーによると
「ご賛同いただいた27組のアーティストのみなさんと
全曲生演奏でお送りします。
わずか1週間ほどでその倍ちかく出演交渉しましたが
それぞれの事務所さんの事情も震災へのアーティストの考え方も
スケジュールの都合もありながら
参加くださるみなさんには感謝にたえません。」とのこと。

ああ、そうなんだろうなあ。
色々なしがらみがあるんだろうなあと容易に推察できる。

その番組にエレファントカシマシが出演する。
公式サイトを見ると「悲しみの果て」を演奏するらしい。

「悲しみの果て」は何度も私を救ってくれた楽曲で、
今日もエンドレスでかけて聴いた。

宮本さんの心のこもった歌声は、きっと聴く人にエネルギー注入♪すると思う。

20日のライブイベントが中止されたところだったので、
エレカシを生放送で聴ける事はとても嬉しい。
エレカシ、出演してくれてありがとう。



ELEPHANT KASHIMASHI | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。