月虹茶房の本棚

興味を惹いた本などの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ミスティ2008年12月号

MISTYは占い等の雑誌。その為、カレンダーも面白そう。
だって「秋山眞人・監修 スピリチュアル・カレンダー2009」ですよ!
あとは石井ゆかりさんの“年末から年始の星のターニングポイント4カ月の星占い「土星」が教えてくれること”も興味あるわぁ。占いというより石井さんの書くモノ、好きなんですよ。

MISTY (ミスティ) 2008年 12月号 [雑誌]


スポンサーサイト
Magazine_Calendar | コメント:0 | トラックバック:0 |

LEE (リー) 2009年 01月号

LEEの付録カレンダーは、高橋郁代さんの「色で綴る 花の12カ月」。
“高橋さんは元々フラワーアレンジメントをやりたい! というより、幼いころから色と色の組み合わせを考えたりすることが大好きだったのだとか。”とのこと。色への興味からお花関係へ・・・そういう方向もあるのですね。だからこそ、お花好きが高じてフラワーアレンジをしている方とは違う個性や視点があるのかもしれません。

もうひとつの付録は「リバティプリントのプチバッグ(デザイン/雅姫さん)」。タグの文字デザインも雅姫さんだとか。小さめなので、かえってバッグインバッグに使い易いかも。

LEE (リー) 2009年 01月号 [雑誌]
Magazine_Calendar | コメント:0 | トラックバック:0 |

プラスワンリビング12月号 No.58

プラスワンリビング12月号(No.58)は「ニナ・キャンベル×PLUS1LIVING2009カレンダー」が付録です。酒井しょうこさんのフランキンセンス・ハウス・・・も興味あるなあ♪

PLUS1 LIVING (プラスワン リビング) 2008年 12月号 [雑誌]
PLUS1 LIVING (プラスワン リビング) 2008年 12月号 [雑誌]

ニナ・キャンベルさんは、ロンドンやパリの一流ホテルや、英国王室のプライベートスペースまで手がけるインテリアデザイナー。
Nina Campbell's Decorating Secrets: Easy Ways to Achieve the Professional Look

Magazine_Calendar | コメント:0 | トラックバック:0 |

MORE (モア) 2009年 01月号

MORE (モア) 2009年 01月号では「PAUL & JOE ハッピーカレンダー2009(卓上タイプ)」が付録です。
人気の12プリントが使用されているとのこと。プリントを背景にシンプルなカレンダー部分が小さめにレイアウトされているので、PAUL & JOEプリントを楽しめるデザインになっていると思います。

PAUL&JOEは、デザイナーのソフィー・アルブのふたりの息子から名づけられ、1995年にメンズ、1997年にレディスコレクションを発表、2002年からは化粧品ラインを展開中。イメージとしてはカラフルだけどレトロな雰囲気。

MORE (モア) 2009年 01月号 [雑誌]
Magazine_Calendar | コメント:0 | トラックバック:0 |

サライ 2008年 12/4号

サライの付録は“堀文子カレンダー「命といふもの」暦、カード型携帯ルーペ、別冊付録「冬の旨いもの取り寄せ帖」”と盛りだくさん。

堀文子さんは日本画家で「住まいを変え、旅を重ねながら新しい作風を切り開いてきた。夫を亡くした後の海外放浪。70歳を超えてからのイタリア移住。82歳のときには、幻の花ブルーポピーを訪ねて、ヒマラヤの5000メートルの高地を踏破した。しかし6年前、重い病に倒れ、自由に旅をすることが難しくなる。そんなとき出会ったのが、顕微鏡の中の世界だ。」「今は、物事の終わり、死に臨むということに、興味は向かっている。」という。

「サライ」での堀さんの連載エッセイ『命というもの』は深い考察から生まれ、簡潔で面白いとのこと。これを機会に手にとってみようかと思う。

シェイクスピア特集というのも渋くていいですな。


サライ 2008年 12/4号 [雑誌]
サライ 2008年 12/4号 [雑誌]
Magazine_Calendar | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。